サロンに通う前にチェック! 顔脱毛ができない場合もある

チェック

お気に入りのサロン・エステを見つけたし、早速脱毛しにGOGO♪といきたいところですが、実は顔や体の状態によって脱毛をお断りされる場合があります。

ここでは一般的に顔脱毛が難しいケースを紹介していますが、もし、自分では判断しにくい場合は、無料カウンセリング時やメールにて確認することを勧めます。

脱毛ができないのは“こんな時” 大きく分けて3つのポイントに気をつけよう

光・レーザーはメラニンに反応 ⇒ 脱毛中は日焼け対策は万全に!

日焼け

病院でのレーザー脱毛も同じですが、光やレーザーは毛のメラニン(黒い色素)に反応して脱毛を行います。日焼けがひどい場合は脱毛効果が半減するため、脱毛は勧められません。そのため、顔脱毛の場合、紫外線が少なくなる秋・冬ぐらいから開始するのがベスト。夏に開始しようとお考えの場合は、紫外線対策は特に注意し肌の調子を整えておきましょう。

炎症を起こしやすい顔. ムダ毛処理には気をつけましょう。

ムダ毛処理

炎症を起こしている場所は脱毛ができません。この炎症を起こしやすい一番の原因は自宅でのムダ毛処理。顔は皮膚が薄く刺激に弱い場所。女性用シェーバー等で軽く処理するのは問題ありませんが、毛抜きは絶対にNG。一番皮膚に刺激を与える処理方法です。また、ホクロ・シミ・埋もれ毛等がある場所も脱毛はできません。

体の体調は万全に!重い病気を患っている時・妊娠中には脱毛はできません。

病気

重い病気を患っている場合は健康を考慮し脱毛はできません。また、妊娠中・授乳中等はホルモンバランスの関係から脱毛は不可。(※生理中は顔脱毛であれば問題ありません。) もし、自分の場合はどうなんだろう?といった疑問があれば、メールやカウンセリング時に問い合わせてみましょう。料金等はかかりませんので、事前に不安を解消しておくことが大切です。